愚痴も込めてJAZZ話2


このコーナー書きまくってたら嫌われちまうんじゃないかな 汗
まぁよしとして、納車前は語るしかやることないっす。

今回は、『オフ』について考えてみようと思う。
既存の通りオフ(またはオフ会)というのは
いつもは画面上でコミュニケーションをとっている同士が
実際に会い交流を深めるというモノですね!

ジャズに興味を持ち始めいろんなサイトをのぞくと、ツーリング等でさかんにオフ会をなさっている方々が多い。
うらやましい。笑

しかし、ここ一、二年で携帯電話、パソコンによるインターネットの普及により
いわゆる『出会い系サイト』というモノが年々増えている。
この出会い系も一種のオフ会と言って良いだろう(チガウチガウとの反感の声聞こえます)笑 なんつて。
と、いうことで、非常に便利な反面、ニュースで話題になる出会い系を通じた殺人事件などもあり危険が伴う、ことがある。

だからといって、オフツーリングを否定したりしたくないというわけではない。
むしろ、非常に参加したくうずうずしている。

自分の中での見解ではあるが、オフをしても大丈夫だろうという人、それから、サイトの管理人さんの見分け方を
独断と偏見で考えてみた。

1、オフをしようかと思ってる人の場合
必要なモノ
・あまり人見知りをしない
・人と話すのがある程度得意
・笑顔のいい人(第一印象アップのため)笑

とまぁ、わかるとおり外向的で明るい人ほど向いていると思う。


2、対するサイト側の場合
・自分の素性をしっかりと明かしている(住処や顔)
・メールアドレスを公開している


等々だと思われる。
やはり、自分を出していくということは、そういう場にとっては非常に大切に思う。
しかし、コラム1でも述べたとおり、どんな人にでも見られてしまうということを忘れないで欲しい。
ウェブ上ですべてをさらけ出す=都会の交差点のど真ん中を裸で立っている。ようなものであるから。

公開非公開の分別、けじめは自分なりにもってサイトの運営、オフ会の計画を進めていってもらいたいと思う。
つまり、このサイトはアドレスも素性も公開してないので信用出来ないのか!!(そうだったのか・・・。)笑
まぁ、自分主催のオフなどまだまだないので問題ないですね!

うーん、早くオフツーしたいでぃ!


戻る







inserted by FC2 system