124ccJAZZ


サービスマニュアルが届いたという連絡を受け早速いつものスズリンさんへ向かいました。



すると、一台のJAZZがとまっていました。
以前に一度ご紹介した登別のJAZZ乗りさんでした。


なんと、124ccのJAZZが完成したようです!



日が暮れてからでしたので、ちょっとみずらいですが。
これが124cc!!
なんと、ご厚意に甘え試乗させてもらいました!

トルクが・・・・。ハンパない!!
友人のDSに乗せてもらったこともあるのですが、それにも全く負けていませんでした。

外装はハンドル、ロングポストなどハンドル周り以外はほぼノーマル。
ワタクシのJAZZとは対照的ですね〜
それにしても羨ましい仕様でした。





並べて撮影。
きっと年式も同じくらいだと思いますし、カラーリングも一緒。
エンジンのことには触れず、外装だけを見てみると、自分で良くやってきたなぁ〜と関心 笑

一目瞭然で大きさの違いを実感しました。
でも・・・やはりはやくエンジン着手しないと。。

ここまで大きいのはさすがに手は届かないですが、今よりも巡行を上げたいのは言うまでもないですね〜


というわけで小一時間ほど二人でJAZZ談義に花を咲かせました。

すこし話の内容を抜粋
登別JAZZ乗りさんはかなりHPをまわっているようで、
蝶タイカブエンジン導入
私の新潟白バイ事件
無謀な三月の全国オフ計画

等々を知っておられました。
ここまで身近な人にたくさんのことを知ってもらえるのは嬉しいことこの上ないですが
それと同時に恥ずかしさも隠し切れませんね 笑



ヒトコト
慣らしが終わりましたら次は全開で試乗させてくださいね 笑





さて、私自身の方はというと、
GW帰郷にむけて、そろそろ色々な手を付けていかなければなりません。
明日、明後日までには電装を直さなくては行けません。
去年のレポでも電装補修は実に二回もやってますからね。
なんだって、こんなに電装にはついていないんでしょうか・・・ 苦笑

リアウィンカー、トップブリッジの二つが今回の課題。
頑張って直しましょう。



GWレポは去年の9月特集のように内容満載だと思いますので
特集を組んで細かく紹介します。
また、GW期間限定でDVDカム動画も掲載する予定ですので、
有名なおっちゃんマグナを始めとする個性豊かな北海道軍団の
JAZMAGをマルチアングルで紹介できることと思います。
もちろん音声有りですのでみなさんがコメントもしてくれるかも??
さらに各車のサウンドももちろん収録できますので。

こうご期待で ご期待してしすぎてください。





おしまい


戻る

inserted by FC2 system